借金をしたくない国民性ってなに?

借金をしたくない国民性ってなに?

現代においても、銀行など比較的低利で借りられる金融機関では与信が付かず、どんなことがあっても借金をしなければ生活できない人は「高利」での借り入れをせざるえない場合があります。なぜそのようなマインドセットになったのかについては諸説あるようですが、私はそのこの上なく大きな原因は江戸時代の庶民の生活から来たのではないかと考えています。

多くの人たちはつつましい生活を送っていました。返済が滞れば秋霜烈日取り立てがあり、中には夜逃げする人もいました。

こうした歴史から、多くの日本人には「借金」をするのはよほどお金に困った人でした。当然のことながら今も昔も「借りたカネは返す」のが基本です。

迚もお金に困った場合には高利貸しから借りるしかありませんでした。台本には「町人A」とか「農民B」の様にかかれている役の人が実際には大多数だったはずです。

このような状態にならないようにすることが大切です。そのような生活を送る人はまとまったお金を借りても返済はとても厳しかったでしょう。

ほとんどの人はわかっているはずですが、現実にはそうした人も少なくありません。江戸時代には大地主や大商店、酒屋や寺なども高利貸しをしていたようです。

日本人は「借金嫌い」だと言われます。貸す側も当然のことながら返せる人にしか貸してくれません。

幕府は上限金利を定め「高利貸し」を禁じましたが、担保を取らない代わりに屹々金利で金を貸す者は少なくなかったようです。そのため、「借金は恥」という意識が大きくなるとともに、金儲けの話を不浄、汚いと感じるようになったのではないかと考えられます。

歴史小説や歴史ドラマなどではわき役、エキストラでしか登場しない人たち。



借金をしたくない国民性ってなに?ブログ:03月19日

パソコンやスマフォでネットを使うことによってびっくりするほど簡単に信ぴょう性のある個人再生が可能な専門家を探し出すことが可能で、近頃においては数多くの人がご利用されています。


とにかくすぐにお金が必要で慌てている時というのは大き目の広告を見てその金融会社にご依頼をする場合が多いようですが、兎に角落ち着いていくつかのキャッシング業者に相談をすることが必要不可欠です。


もし万が一カードローンの返済で悩み民事再生が不可欠な際には、借金の専門家へ直ぐに依頼をすることをおすすめさせていただきます。


代理人のサイトにはお金を返す手段や自己破産の口コミや実績等がありますので、相談する際には是非とも参考にをすることによって得になります。
法律家の利用は大きなお金などが必要となるため、借金トラブルでお悩みでしたら優良司法書士を探し出すことが一番重要なことです。


借金の代理人の中には、多額な自己破産料金を請求してくる非常識な悪徳な借金の専門家も少なからずあるので、優良借金解決の専門家を利用することが肝です。
キャッシング状況により過払い金対策方法は違うのですが、法律実務家の確実性などを比較して多数のあなたの条件を絞ってリサーチすることが大切なんです。
借金問題対策というのは、一般の人が作業をするとさらに被害を悪化することになるため、借金問題解決手段でお悩みでしたら借金の専門家に相談することを選んだ方が良いでしょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ