債務整理は司法書士に依頼するのは普通?

債務整理は司法書士に依頼するのは普通?

今後は債権者主張額説にしたがって、債務者の受ける経済的な利益が140万円以内であっても、債権者の主張する債権額が140万円を超えるようなケースでは、司法書士は代理できないということになります。司法書士が代理人となることができるのは、訴訟や紛争の目的の価額が140万円以内のものに限られるためです。

また、上記最高裁判決では、140万円を超えているかどんなふうにかを判断する基準について、「債務の総額」を基準とするのか、「個々の債権額」を基準とするのかについても判断され、最高裁は、「個別の債権ごとの価額」を基準とすると判断しました。したがって、債務の総額とは無関係に、債権額が140万円以内のものについて、司法書士が代理できるということになります。

任意整理の手続きを行うにあたり、司法書士の代理権の範囲が問題となることがあります。この考え方を「受益説」と言います。

従来、司法書士会連合会は、改正司法書士法の立案担当者により執筆された解説書「注釈司法書士法(テイハン)」の記載を根拠に、債務者の受ける経済的な利益が140万円以内であれば、司法書士は任意整理手続きについて代理できると主張していました。たとえば、100万円の借り入れが5口あるというような場合であっても、合計500万円だから司法書士の代理権の範囲を超えるということにはならず、5口とも司法書士が代理できるということです。

しかし、司法書士の代理権について争われた最高裁平成28年6月27日判決では、任意整理手続きについて司法書士が代理できるのは、債権者の主張する金額が140万円以内である場合に限られると判断されました。この考え方を「債権者主張額説」といいます。



債務整理は司法書士に依頼するのは普通?ブログ:03月19日

とにかくいろいろな個人融資業者を使用してみたいと感じているのでしたら、取り急ぎ最初に様々な個人融資会社に関する情報サイトで学んでおく必要があるでしょう。


司法書士や弁護士一覧などをリサーチしてみることによって、今まさにアナタが希望しているターゲットの借金トラブル解決方法と「巡り合う」ことが可能!
通常ではない部分も数多く滅多に利用するようなことも殆ど皆無の任意整理ということですから、素人の方々がある程度理解することが出来ないのは当たり前と言えます。
これからある程度異なるフリーローン業者を使用したいと検討中でしたら、取り急ぎ最初にインターネットの個人融資会社に関する情報サイトで学んでおくことがとっても重要です。


借入状況により任意整理方法は違う点がありますが、弁護士や司法書士の依頼実績を訪問してさまざまなあなたの条件を絞って調査することが大切なんです。


最近においては借金返済の手段の基礎知識を勉強し仕事を開始されるのは特に珍しいワケではなく、これまでの事業をさらに突き進むことが出来た法律実務家も多くいらっしゃいます。
畑違いの人がやると任意整理というのは、余計破損が悪化してしまう為、弁護士に借金問題解決方法でお悩みでしたら問い合わせすることを選んだ方が良いでしょう。


目立っている広告を見て現金をすぐにでも必要で頭を抱えている時というのはお願いをその貸金業者にする人も多いですが、インターネットなどで深呼吸して確認することが必要不可欠です。



ホーム RSS購読 サイトマップ